ここからコンテンツ
ホーム > 活動情報を探す > 令和2年度『輪投げ大会』を開催しました

カテゴリー別
社会教育 福祉 災害救済 スポーツ 国際交流 自治会・町内会
環境保全 まちづくり 文化・芸術 シニアライフ 子供 その他
登録団体募集中
助成金情報
イベントカレンダー
モバイルサイト

活動情報


令和2年度『輪投げ大会』を開催しました
最終更新日:令和2年11月15日
投稿団体
利根町老人クラブ連合会
活動情報
内容

毎年7月に老人大学と一緒に開催していた「輪投げ大会」も、今年は新型コロナウイルス拡大の影響により開催できませんでしたが、今回皆さんの強い要望により、10月のグラウンドゴルフに続き、11月15日()午前9時から、ウエルネススポーツ大学の人工芝グラウンドにおいて、佐々木喜章利根町長、船川京子利根町議会議長のご臨席の下、快晴の天候の中で開催することができました。

17クラブ54組216名の方々が5台の輪投げ台を目がけて11組に分かれ、2セットのゲームを行い、チームの合計ポイントの上位3チームに賞状、賞品を授与しました。優勝は、2セット合計137点の「プラチナ会A」がプラチナ会として2年連続の栄誉に輝きました。準優勝は128点で「内宿延寿クラブA」と「宮本楽遊会B」が同点のため、主将同士の決戦の結果、「内宿延寿クラブA」が準優勝、第3位は「宮本楽遊会B」でした。

なお、今回はいばらきねんりんスポーツ大会がコロナウイルスの影響により中止になって、利根町代表として出場することはできませんが、皆さんそんなことは関係ないとばかりに一生懸命輪投げを楽しんでいただきました。

また、来年の大会を楽しみにしています。

関連書類

快晴の下、輪投げを楽しむ皆さん
イベント(活動)の様子
三上正芳利根町老連会長からプラチナ会Aチームへ優勝の賞状を授与
優勝「プラチナ会Aチーム」の皆さん
準優勝「内宿延寿クラブAチーム」の皆さん
第3位「宮本楽遊会B」の皆さん


ページの先頭へ